ようこそ! 「ゴルフクラブの選び方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ドライバーの選び方  > ゴルフクラブの選び方でのドライバーについて


ゴルフクラブの選び方でのドライバーについて

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフクラブの中で最も飛距離を出す事が出来るクラブがドライバーです。
ウッドは記号「W」を使って表し、一番遠くまで飛ばせるクラブが1Wになります。でもそのドライバー一つ取っても色々な種類が有るので選び方が難しいと思います。そこで初心者がドライバーを選ぶポイントを3つ挙げてみたいと思います。

まず一つ目は自分の力に合わせた長さと重さを選ぶ事です。
初心者の場合には軽いドライバーよりは少しだけ重いドライバーを選んだ方がスイングしやすいと思います。また長さは長すぎると芯に当てるのが難しくなってしまいますので、大体44~45インチ位がベストではないかと思います。シャフトも硬さが2種類位用意されていると思うのですが、慣れるまでは普通の硬さ「R(レギュラー)」が良いと思います。

次に形が少し違うクラブを使うのもお勧めです。テニスでデカラケと言う打つ面がでかいラケットがあるのを知っていますか?ゴルフも同様にヘッドが普通より大きいクラブがあります。ヘッドが大きい事で、構えた時の安定感がよくボールに当たりやすくなります。特に慣性モーメントと呼ばれるクラブは初心者には打ってつけで、ヘッドの芯から少し外れて当たったとしても真っ直ぐ飛ばす事が出来るのです。ミスショットが少なくなる分ゴルフを初心者でも嫌にならないで済むのではないかと思います。

最後のポイント、それはゴルフクラブは高ければ良いと言う訳ではありません。ドライバーなど1本7万円以上するような物もありますが、これは競技としてゴルフをする人、年輩の方で力が弱い人向けのクラブなので、そんな高級なクラブを最初から買う必要はありません。安いクラブでも良い物はたくさんありますので、そんなにお金をかけなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

アドセンス