ようこそ! 「ゴルフクラブの選び方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ドライバーの選び方  > ゴルフクラブのドライバーを選ぶ時の基準


ゴルフクラブのドライバーを選ぶ時の基準

スポンサードリンク

アドセンス

近年、ゴルフクラブのドライバーを選ぶ時の新ルールが適合されました。

ドライバーに関して言うと1990年代後半辺りから「高反発」と言うのを開発テーマとして取り上げて来たように思えます。
「高反発」と言うのはフェースの肉厚部分を薄くする事により、ボールの反発力が高くなり速度が出る様な構造となっています。この様なドライバーが出始めると同時に飛距離が飛躍的に伸びてしまった為に全米ゴルフ協会では規制を設けようとし、1998年にクラブの反発係数が0.830以上のクラブ使用を禁止する様な規制を出しました。

しかし、これはあくまでも全米ゴルフ協会の規定であった事から、英国ゴルフ協会である日本では適用外とされていた為に一部のプロツアーを除き、規制は関係ありませんでした。

しかし、2002年に両協会が共同提案をして、2008年からはプロアマ問わずに全米ゴルフ協会の規制を取り入れる様な形になりました。ですから日本でも当然規定以上の高反発クラブが使えなくなったと言う事になります。

しかし、日本では日本ゴルフ協会がルールの一部を前倒しして施工すると発表し、日本ゴルフ協会が主催する競技では2006年以降高反発クラブを使用禁止すると言うルールを決定しました。

アマチュアの人がゴルフを楽しむのに高反発のクラブを使うのは2007年末までは自由だったのですが、2008年からは使用自体が禁止になった為に現在では規制がかかったゴルフクラブ選びが基準となっています。

スポンサードリンク

アドセンス