ようこそ! 「ゴルフクラブの選び方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ゴルフクラブの基礎知識  > ゴルフクラブの選び方でのアイアンの種類について


ゴルフクラブの選び方でのアイアンの種類について

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフクラブを購入する前にアイアンの種類についてきちんと知っておいた方がいいと思うので、説明してみたいと思います。

ゴルフクラブを購入するさい、ウッド(特にドライバー)と、アイアンの違いと言うのは何だと思いますか?形状が違うのはもちろんですが、意味合い的に言ってもウッドは飛距離を出す事を目的としています。逆にアイアンはコントロールを目的としているクラブです。この点が大きく違うのではないかと思います。

アイアンは元々ヘッドの部分がメタル素材で出来ていました。しかし最近ではチタンを使ったり、軟鉄製複合構造の物を使ったりとかなり進化してきています。

クラブの長さはウッドと比べてみると短く作られていて、形状も板状で薄く、三角錐みたいなヘッドをしています。ウッドの丸みがあるヘッドとは違いますよね。

アイアンの目的は正確なコントロール性を要求する事ですので、種類も1~9番と本数も多くその番手により飛距離を変える事が出来ます。更にバンカーで使用するSW、グリーン周りで使用するAW、グリーンへ寄せるLWなど種類も多いです。

アイアンの番手の見方は、数字が小さい程距離が出る様な構造になっています。あまり距離を出さずに上に上げたい時には番手が大きいクラブを選ぶと良いと思います。

また最近はカーボン素材で出来たシャフトに人気が集まっているのですが、根強くスチールのシャフトを好む人も多いです。こう言った特性を良く活かし、自分に合ったアイアンを選ぶのが良いと思います。

スポンサードリンク

アドセンス