ようこそ! 「ゴルフクラブの選び方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ゴルフクラブの基礎知識  > ゴルフクラブの選び方でシャフトのトルクとは?


ゴルフクラブの選び方でシャフトのトルクとは?

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフクラブを選ぶ際に何を基準にして選んだら良いのか分かりませんよね。ここではゴルフクラブのスペックの一つである「シャフトのトルク」について説明してみたいと思います。

「シャフトのトルク」ってどういう意味か分かりますか?簡単に言うとボールを打つ時の捻れ度具合と言う様になるのですが、何の事かよく分かりませんよね。ボールをクラブで打った瞬間にかかる力と言うのはヘッドからシャフトにかかると思います。
しかし、ボールが当たる場所と言うのは直接的にはシャフトではなくヘッドです。ですからヘッドはボールが当たった瞬間にシャフトの接続面から回転しようと言う力が働きます。でも実際には回らないのでシャフトの方に「捻れ」と言う事象が発生する訳です。この時の捻れ度を数値で表したのが「シャフトのトルク」になります。

そのトルクにも「ハイトルク」と「ロートルク」の二種類があります。ハイトルクは捻れ度が大きい事を指していて、ロートルクは逆に捻れ度が小さい事を指しています。数値で言うとハイトルクは4以上、ロートルクは3以下と言う事です。

この捻れると言う行為、これは飛距離や弾道、インパクト時のフィーリングにも影響が出て来ると思います。

例えばクラブのフレックスが硬い場合で、ハイトルクのクラブを使った時のインパクトは軟らかですし、フレックスが軟らかい場合で、ロートルクのクラブを使った時のインパクトは硬めとなります。女性の場合はハイトルクを選ぶのが良いかと思います。

スポンサードリンク

アドセンス