ようこそ! 「ゴルフクラブの選び方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ゴルフクラブの基礎知識  > ゴルフクラブの選び方でシャフトのキックポイントとは?


ゴルフクラブの選び方でシャフトのキックポイントとは?

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフクラブを選ぶ時にスペックが標示されていると思いますが、その中でもシャフトのキックポイントについて説明してみたいと思います。

シャフトには色々な性能があります。その中でも特に重要なのがキックポイントです。キックポイントとはクラブを振った時にシャフトがしなります。その頂点の事を指しています。

キックポイントが出来る位置でボールを打った時の弾道がかなり変わると思うのですが、同じ様なスイングをしたとして、キックポイントがヘッド寄りに来た場合は、弾道が高くなります。逆に、キックポイントが手元寄りになった場合、弾道は低くなります。
では何故位置によってこんなに違うのかと言うと、キックポイントが変わる事で、ボールが打ち出される角度が変わるからです。

またキックポイントは「フライテッド」や「番手別フロー」と言った表現法でも表現される事があります。

【先調子】
ローキックポイント、LKとも言われます。高い弾道でボールを打つ事が出来ます。

【中調子】
ミドルキックポイント、MKとも言われます。市販されているクラブの主流になっています。

【手元調子】
ハイキックポイント、HKとも言われます。低い弾道でボールを打つ事が出来ます。

【フライテッド】
アイアンの種類次第でキックポイントが変わります。

どちらかと言うとロングアイアンには先調子の方が飛距離は伸びると思いますし、コントロールが要求されるショートアイアンには手元調子の方がいいのではないかと思います。

スポンサードリンク

アドセンス