ようこそ! 「ゴルフクラブの選び方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ゴルフクラブの種類  > ゴルフクラブの種類の紹介


ゴルフクラブの種類の紹介

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフクラブを選ぶ前にゴルフクラブにはどのような種類があるのかを知っておくべきだと思うので、紹介してみたいと思います。

ゴルフクラブには「ウッド」「アイアン」と大きく分けて2つ種類があります。クラブにはそれぞれ2番とか3番とか番号が振られていて、番号が小さい程長距離を飛ばせる様な作りになっています。

また最近では「ウッド」と「アイアン」の中間的な特徴を持った「ユーティリティ」と呼ばれる種類のゴルフクラブが出てきていて、ゴルフクラブを選ぶ選択肢が増えてきました。

【ウッド】
ゴルフクラブが出始めた当初はヘッドの部分が木製だった為にこの名前が付けられたそうです。今では技術も進化しヘッドの部分もチタン、カーボン、メタルと様々な素材が使われる様になってきましたが、呼び方は変わらずに「ウッド」と呼んでいます。
ウッドのクラブ自体は1番(ドライバー)~9番まであります。

【ユーティリティ】
ウッドとアイアンの中間的な特性を持っていて、機能的にも形状的にも中間的な感じになっています。飛ばすのも上げるのも比較的簡単だと言われています。初心者には使いやすいクラブだと思います。

【アイアン】
ウェッジと呼ばれる短距離様のクラブでヘッドのフェース面の角度が付けられているのが特徴です。その中にはピッチングウェッジと言うグリーン周りで使用するクラブと、サンドウェッジと言うバンカーで使うクラブがあります。

こういった種類をよく理解した上でゴルフクラブを選ぶ様にしましょう。

スポンサードリンク

アドセンス